熱海サンビーチの海水浴客 コロナ禍前の2019年比べ94%減

今夏の熱海市は、7月3日に起きた伊豆山土石流に伴う、流木流入の影響で市内3海水浴場の開設を見送ったが、市のまとめによると、開設を予定していた7月17日〜8月29日に計2万9865人が入場したという。
市は海水浴場の入り口付近に看板を設置して、開設していないことを周知していたが、市内外から訪れた客が閉鎖されているビーチに侵入して、水遊びしたり、遊泳していたという。
法的には、こうした迷惑客を「立入禁止」にできないため、市は海岸の秩序維持および水難事故防止のため、例年通り、監視員•ライフセーバーを配置。来場者数をカウントしていた。
海水浴場別では、熱海サンビーチが1万928人(前年比6万8686人減)、長浜海水浴場が1万6620人(同 1万6070人減)、網代温泉海水浴場が2317人(同343人減)。3海水浴場とも最も多かったのは8月11日(サンビーチ800人、長浜1500人、網代170人)だった。
熱海サンビーチの入り込み客数は、伊豆山土石流とコロナ感染症の拡大で、コロナ禍前の2019年と比べ、94%減だった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る