熱海サンビーチの海水浴客 コロナ禍前の2019年比べ94%減

今夏の熱海市は、7月3日に起きた伊豆山土石流に伴う、流木流入の影響で市内3海水浴場の開設を見送ったが、市のまとめによると、開設を予定していた7月17日〜8月29日に計2万9865人が入場したという。
市は海水浴場の入り口付近に看板を設置して、開設していないことを周知していたが、市内外から訪れた客が閉鎖されているビーチに侵入して、水遊びしたり、遊泳していたという。
法的には、こうした迷惑客を「立入禁止」にできないため、市は海岸の秩序維持および水難事故防止のため、例年通り、監視員•ライフセーバーを配置。来場者数をカウントしていた。
海水浴場別では、熱海サンビーチが1万928人(前年比6万8686人減)、長浜海水浴場が1万6620人(同 1万6070人減)、網代温泉海水浴場が2317人(同343人減)。3海水浴場とも最も多かったのは8月11日(サンビーチ800人、長浜1500人、網代170人)だった。
熱海サンビーチの入り込み客数は、伊豆山土石流とコロナ感染症の拡大で、コロナ禍前の2019年と比べ、94%減だった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る