【社会】拉致問題解決に向けた街頭署名、和田市議が清水町バス停で活動

熱海市議の和田翔平さん(27)が26日、市内清水町バス停で北朝鮮による拉致問題被害者の救出を目指す街頭署名活動を行い、問題解決への協力を呼び掛けた。
拉致被害者の支援組織「救う会」による署名は1000万人を超え、熱海市からも橋本一実前県議を中心に署名活動を行い、すでに5000人以上の署名を県議会に提出している。今回は2月6日に沼津市で拉致問題シンポジウムが開かれるのに合わせて和田市議が行い、集まった署名は1977年(昭和52年)11月に連れ去られた拉致被害者・横田めぐみさん(51)=拉致当時(13)=の両親、滋さん(83)と早紀江さん(79)に手渡す。
一昨年7月から、拉致被害者の再調査が始まったが、北朝鮮からは調査結果さえ寄せられず、いまだ被害者の帰国はかなっていない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

image4

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-24

    有料花火化の実証実験 熱海花火フェス、「1人1万円」チケットが即完売

    熱海市内の花火大会を手がけるイケブン(静岡県藤枝市)は10月23日、熱海湾で「SHIZUOKA・…
  2. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  3. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  4. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
ページ上部へ戻る