【ゴルフ】渡辺彩香がツアー史上2人目の快挙、同一ラウンドでアルバトロス&イーグル達成

◇NEC軽井沢72第2日(15日、長野・軽井沢72ゴルフ北C=パー72)
首位に8打差の54位から出た渡辺彩香(21)=ユピテル=がパーより3打少ないアルバトロスとイーグルを同一ラウンドで達成した。同一ラウンドでのアルバトロス&イーグル達成は、ホールインワン(イーグル)で達成した有村智恵(27)の2011年「スタンレーレディス」以来、ツアー史上2人目の快挙。この日は1アルバトロス、1イーグル、2バーディ、2ボギーの67で回り、通算5アンダーとして首位に6打差の14位に浮上した。トップは通算11アンダーに伸ばした服部真夕。1打差の2位には大山志保つけた。

ツアー史上12度目(11人目)となる彩香のアルバトロスは、前半の16番(480ヤード、パー5)。フェアウエーやや左、残り195ヤード。4Iでの第2打はグリーンで2度跳ねて転がりカップイン。ミラクルはさらに続き、後半の5番(361ヤード、パー4)での第2打。残り95ヤードからウエッジ(58度)で放り込み、今季4個目のイーグルをゲットした。
◆渡辺彩香の話 アルバトロスはプライベートも含めて、初めてです。他の選手より、パー5で2オンすることが多いので、1度はやってみたいと思っていた。16番の第2打は残り195ヤード。4Iで打ち、手前から入りました。風がフォローだったので、キャリーでピンオーバーしてしまった。だから、アゲンストのきょうは、きっとちょうどいい。おかげで、ショットもラインも完ぺきでした。今週はパッティングが悪い。ショットが良くてもスコアが伸ばせません。バーディーチャンスにつけても、なかなか入らないから、モヤモヤしていました。でも、ものは考えよう。パッティングがうまくいかない分、こういうこともある。帰り道にも気をつけないと…。このコースなら、一発入ってリズムに乗れば、どんどんいけそうな予感もします。私は、優勝を目指してあきらめないで行く。(写真とコメント=LPGA)

◆ミラクル イーグルでの達成は85万4709ラウンドで1回の確率。毎日1R回っても2341年に1回。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る