【ゴルフ】渡辺彩香は納得の2位、メジャーチャンプのイーグルに脱帽

◇富士通レディース最終日(18日・千葉東急セブンハンドレッドC西=パー72)
2位から出た渡辺彩香(22)=ユピテル=は4バーディー、3ボギーの71と差を詰め切れず、4打差の2位。賞金720万円を加算した。テレサ・ルー(台湾)が1イーグル、4バーディー、5ボギーの71で回り、通算13アンダーで今季5勝目を挙げた。
67で回った青木瀬令奈が6打差の3位。イ・ボミ(韓国)は2アンダーの12位。同じ2アンダーで新垣比菜(沖縄・興南高2年)がローアマチュアに輝いた。

ホールアウト後、報道陣の前に現れた渡辺彩香。今日の感想を聞かれると、しばらく言葉に窮した後、「出入りの激しさが全てです」と答えた。首位のテレサ・ルーとは4打差の射程圏内でスタートした。出だしの1番、パー5では、見事に2オンに成功。イーグルこそならなかったが、バーディーを奪い幸先の良いスタートを切った。昨日、ポイントにあげていた「攻めのパー5」。スタートからやってみせた。しかし、「ミスショットもあったし、ミスパットもあった」と、今日の渡辺は不安定。「首位とは差があったのでついていかないといけないと思った。それがミスに繋がったこともあった」と、ルーにプレッシャーをかけるはずが、逆に自分を追い込んでしまった。「自分にもチャンスがあったのに、ものに出来なかった」。今日の敗因はそこに集約される。

しかし、「3日間同じ組で、とても勉強になりました」と、メジャーチャンプから教わることもあったという。さらに、「自分ももっとできたと思う」と付け加えた。ルーには追いつくことはできなかった。しかし、自分の可能性を感じた一週間だった。

文と写真=LPGA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催される8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
  2. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
  3. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

    「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開か…
  4. 2022-8-5

    市長選「チームみずほ」旗揚げ 泉明寺みずほ後援会が事務所開き

    熱海市長選(9月4日告示、11日投開票)に出馬を予定している新人で市議の泉明寺みずほ氏(51…
ページ上部へ戻る