【ゴルフ】渡辺彩香、4打差2位は「想定内」 イーグル奪取で逆転V狙う

◇富士通レディース第2日(17日・千葉東急セブンハンドレッドC西=パー72)
渡辺彩香(22)=ユピテル=は7バーディー、1ボギーで回り、首位に4打差で2位をキープ。「最終日はロング(パー5)で攻めないと。イーグルが出ればチャンスはある」と逆転優勝に虎視眈々。テレサ・ルー(台湾)が65で回って通算12アンダー。今季5勝のイ・ボミ(韓国)が8打差ながら3位に浮上した。最終日は3人が同組で回り、ギャラリーの視線を独占する。
67で回った森田理香子は10打差の6位。アマチュアでは新垣比菜(沖縄・興南高2年)と植竹希望(東京・日出高2年)がイーブンパーの18位につけ、決勝ラウンドへ進んだ。

 

 

「最後のバーディーは大きかった」。渡辺彩香にとって、逆転優勝に望みをつなぐフィニッシュとなった。この日は、テレサ・ルーが独走状態。しかし、最終ホールをボギーとしたことで、差は4打に縮まった。「最終日に追いつけない位置まで離されないようにしました。5打差以内ぐらいに…」と、目標を掲げていた渡辺。ルーが一つスコアを落としたことで、想定よりも1打少なくなった。「明日が楽しみと思って、終われた」。逆転優勝に向けて弾みはついた。

明日、ルーとは3日連続で同組となる。「テレサも調子が良いし、私も調子が良いから良いリズムでできている」と、相乗効果でスコアも伸びているようだ。明日も伸ばし合いの気配。今季2勝目に向けて、渡辺は2つのポイントをあげた。2日連続ボギーとしている17番(Par3)でパーを獲ること。そして、パー5を攻めてイーグルを狙いに行くこと。最大の武器である飛距離を生かして猛チャージをかければ、逆転優勝も見えてくる。

文と写真=LPGA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る