【ゴルフ】渡辺彩香、4打差2位は「想定内」 イーグル奪取で逆転V狙う

◇富士通レディース第2日(17日・千葉東急セブンハンドレッドC西=パー72)
渡辺彩香(22)=ユピテル=は7バーディー、1ボギーで回り、首位に4打差で2位をキープ。「最終日はロング(パー5)で攻めないと。イーグルが出ればチャンスはある」と逆転優勝に虎視眈々。テレサ・ルー(台湾)が65で回って通算12アンダー。今季5勝のイ・ボミ(韓国)が8打差ながら3位に浮上した。最終日は3人が同組で回り、ギャラリーの視線を独占する。
67で回った森田理香子は10打差の6位。アマチュアでは新垣比菜(沖縄・興南高2年)と植竹希望(東京・日出高2年)がイーブンパーの18位につけ、決勝ラウンドへ進んだ。

 

 

「最後のバーディーは大きかった」。渡辺彩香にとって、逆転優勝に望みをつなぐフィニッシュとなった。この日は、テレサ・ルーが独走状態。しかし、最終ホールをボギーとしたことで、差は4打に縮まった。「最終日に追いつけない位置まで離されないようにしました。5打差以内ぐらいに…」と、目標を掲げていた渡辺。ルーが一つスコアを落としたことで、想定よりも1打少なくなった。「明日が楽しみと思って、終われた」。逆転優勝に向けて弾みはついた。

明日、ルーとは3日連続で同組となる。「テレサも調子が良いし、私も調子が良いから良いリズムでできている」と、相乗効果でスコアも伸びているようだ。明日も伸ばし合いの気配。今季2勝目に向けて、渡辺は2つのポイントをあげた。2日連続ボギーとしている17番(Par3)でパーを獲ること。そして、パー5を攻めてイーグルを狙いに行くこと。最大の武器である飛距離を生かして猛チャージをかければ、逆転優勝も見えてくる。

文と写真=LPGA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る