大河ドラマで脚光 頼朝の子・千鶴丸を供養 宝泉寺で子育て延命地蔵尊大祭

熱海市上多賀の「頼朝ライン」沿いの史跡公園「頼朝の一杯水」で4月24日、子育て延命地蔵尊大祭が斎行された。祠(ほこら)を管理する宝泉寺(加藤昭二総代長)の檀家代表12人が参列して御詠歌を奉詠したあと、高杉伸道住職が般若心経を読経し、源頼朝と八重姫の子・千鶴丸を供養した。
高杉住職は「昨年はコロナ禍で中止せざるを得ない状況となり、本堂で一人で行ったが、今年は皆さんと一緒に供養できて嬉しい。来年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』には八重姫が出て女優の新垣結衣さんが演じる(頼朝役は大泉洋)。お地蔵さん一体から始まった千鶴丸の供養が令和3年まで(328年間)続いている。皆さんが育んできた思いが大河ドラマを通して広く知れ渡り、次代に長く引き継げるように期待している」と述べた。
参列した稲村千尋市議によれば、子育て延命地蔵には、このような秘話が伝わるという。カッコ内は大河ドラマの配役。


■841年前、頼朝、ほうほうのていで熱海へ
父源義朝(玉木宏)が1159年の平治の乱で敗れ、翌年14歳の頼朝は蛭ヶ小島(伊豆の国市)に流され、源氏再興の旗揚げをするまで約20年間過ごした。そんな折り、監視役の伊東祐親(峰竜太、平家)が伊東から京の大番役(京都の警護)に上っている間に娘の八重姫と恋仲になり、千鶴丸と名付けられた子供が生まれる。1180年、3年ぶりに帰郷してこれを知った祐親は激怒。平清盛(松平健)に知られれば、伊東家の滅亡の危機と恐れ、3歳の千鶴丸を松川の上流の滝に捨て、八重姫も幽閉の身に-。
頼朝も命をねらわれ、伊東を脱出して網代から船で上多賀の赤根崎に上陸。曽我裏を抜け、師と仰ぐ高僧覚淵(かくえん)の庇護をを求めて伊豆山権現(伊豆山神社)へ向かったが、険しい山道を登りつづけ、のどが渇ききった。途方に暮れて腰をおろし、刀の柄で大地を突くと、こんこんと清水が湧き出し、ぶじ伊豆山神社へ駆け込むことができたと…。
これが「頼朝の一杯水」と伝えられている。


■お地蔵さんの縁日にあたる4月24日に供養
同地蔵尊は、鎌倉幕府が開かれた約500年後の1693年、仏教修行僧の鉄意道心によって創建された。上多賀の宝泉寺に道心が留まった際、村人からこの悲話を聞き、「頼朝の一杯水」のほとりに小さな祠を建て、自ら彫った地蔵の石像を安置し、供養したという。
現在の祠は、1961年に建て替えられたもので今は小公園となり、千鶴丸を祀(まつ)った新たな地蔵尊が安置されている。328年にわたり、地元の檀家によって、お地蔵さんの縁日にあたる4月24日に大祭を開き、供養を続けている。建て替えの際、初代地蔵は宝泉寺に移され、参拝者が毎月24日などに訪れ、供養するとともに五穀豊穣(ほうじょう)や家運繁盛、病気回復などを祈願している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る