赤尾光一後援会が市政報告会 来年4月の市議選ヘ向け始動

熱海市議会副議長の赤尾光一氏(熱海成風会)の市政報告会が11月20日夜、起雲閣であった。後援会(鈴木恵次会長)の主催。支援者ら約100人が参加した。鈴木会長のあいさつに続き、来賓の藤曲敬宏県議、中島幹雄熱海市観光協会会長らが祝辞を述べた。
赤尾氏は、市議会での活動として、高齢者や子育て世代が住みやすいまちづくり、観光会館の早期建設、災害に速やかに対応できる危機管理体制の強化、まちなかの賑わい創出(飲食店の横のつながりで夜市や横丁づくり)などを取り上げてきた。
「今、熱海市に必要なのは、『先を見据えた次のステップ』。少子高齢化や各事業者の人手不足は深刻な状況になっている。基幹産業である『観光』と住みやすい『まちづくり』にバランスよく対応し、10年後、20年後も明るい笑顔が満ち溢れる熱海を目指し、精一杯声をあげ続けていく」と政治意欲を表明した。
任期満了まであと約5カ月(来年4月に統一地方選)となり、他の陣営も市政報告会や近況報告などを活発化させている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  2. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  3. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  4. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
ページ上部へ戻る