赤尾光一後援会が市政報告会 来年4月の市議選ヘ向け始動

熱海市議会副議長の赤尾光一氏(熱海成風会)の市政報告会が11月20日夜、起雲閣であった。後援会(鈴木恵次会長)の主催。支援者ら約100人が参加した。鈴木会長のあいさつに続き、来賓の藤曲敬宏県議、中島幹雄熱海市観光協会会長らが祝辞を述べた。
赤尾氏は、市議会での活動として、高齢者や子育て世代が住みやすいまちづくり、観光会館の早期建設、災害に速やかに対応できる危機管理体制の強化、まちなかの賑わい創出(飲食店の横のつながりで夜市や横丁づくり)などを取り上げてきた。
「今、熱海市に必要なのは、『先を見据えた次のステップ』。少子高齢化や各事業者の人手不足は深刻な状況になっている。基幹産業である『観光』と住みやすい『まちづくり』にバランスよく対応し、10年後、20年後も明るい笑顔が満ち溢れる熱海を目指し、精一杯声をあげ続けていく」と政治意欲を表明した。
任期満了まであと約5カ月(来年4月に統一地方選)となり、他の陣営も市政報告会や近況報告などを活発化させている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る