熱海市、集団感染防止に2割を在宅勤務 市内でコロナ発生後は5割に

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、熱海市は4月20日、職員の出勤数を同日から5月6日まで2割縮減すると発表した。 出勤日を割り振り、出勤者をできる限り削減し、集団感染により市民サービスの継続が困難になることを防ぐのが狙い。
出勤しない職員は、在宅での勤務とするが、個人情報が入ったノートパソコンの持ち出しは禁止のため、統計資料の作成や業務マニュアルの改善策検討など、自宅でもできる業務で対応する。有給休暇の取得も進める。
一方、勤務する職員は、空き会議室などを活用し、職員同士が約2メートルの間隔をあける「ソーシャル・ディスタンス」で業務にあたる。

また、市内で感染者が判明した場合は、2交代制にするなどして、出勤者を全職員の5割に抑える。政府は緊急事態を宣言した全国の自治体に対し、出勤者を「最低7割」削減するよう求めており、それに対応する措置。消防、福祉、ライフライン関連の一部の職場は、通常の人数維持に努める。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る