【花情報】静けさ取り戻した熱海梅園、一番最後に咲く「開運」がつぼみ膨らます

梅まつりが終了し、静けさを取り戻した熱海梅園では遅咲きの梅の乱雪が散り始め、一番最後に咲く「開運」のつぼみが膨らんできた。一方、春花のサンシュユとマンサクが鮮やかな黄色の花を咲かせ、白いアセビも見ごろに。10日の園内は、外国人観光客が目につき、日本人観光客を上回っていた。

IMG_8920ssIMG_8910ss

IMG_8925ss IMG_8928ssIMG_8927ssIMG_8929ss

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-5

    捜索救援活動、熱海署と市消防の60人に縮小 自衛隊、警察、消防が撤収

    熱海市の伊豆山土石流災害で、行方不明者の捜索活動を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の撤収に続き、立ち…
  2. 2021-8-5

    静岡県にも「まん延防止措置」適用 期間は8月8日から 県東部も対象へ

    政府は8月5日、新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の適用地域に、静岡、愛知、福島、茨城、栃…
  3. 2021-8-4

    熱海市で新たに3人がコロナ感染 静岡県、東京都ともに過去最多更新

    静岡県は8月4日、熱海市で新たに3人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。高齢でな成人2…
  4. 2021-8-4

    【お悔やみ】小野寺克巳さん(熱海市網代)8月3日死去

    小野寺克巳さん(おのでら・かつみ)8月3日死去、68歳。熱海市網代279の7。出棺4日午前11時、…
ページ上部へ戻る