【イベント】陸前高田市長から「津波」の教訓学ぶ 

◇「TAKATA―FESTAin熱海」最終日(10日・親水公園レインボーデッキ=同実行委員会主催)
斉藤栄市長と戸羽太岩手県陸前高田市長による討論会を行い、東日本大震災による津波被害の現状と防災の教訓を学んだ。中央ステージでは白井貴子さんらがライブを通して普段の防災の大切さを訴えた。

熱海ビーチクラブは津波避難の合図となるオレンジフラッグを紹介するとともに、福祉タクシー事業所「伊豆おはな」の川瀬豊、愛美夫妻が車いす利用者をスムーズに避難誘導する防災マニュアルを紹介した。
東日本大震災時の写真パネルや防災パネル展示されたテントにも多くの市民や観光客が足を運んだ。

◆陸前高田市の現状 震災から4年以上が経過したが、まだまだ厳しい状況。仮設住宅を当初2500世帯分作ったが、いまだに約1700世帯が住んでいる。計画通りに進めたとしても、一番最後に仮設住宅を抜け出せる人は4年先の平成31年度3月くらいになるという。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAIMAG2691IMAG2698 IMAG2709 (1) OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  2. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  3. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
  4. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
ページ上部へ戻る