ウィーン少年合唱団が熱海にやってくる! 来年5月10日に熱海公演決定

「天使の歌声」として世界的に有名な少年合唱団・ウィーン少年合唱団の熱海公演が2019年5月10日に熱海市桃山町の救世会館大ホールで開かれることが12月26日、分かった。
世界ツアーで活躍する10歳〜14歳のアーティストに接することで、熱海の子供たちに情感豊かな心を育んでもらおうと市民有志などでつくるウィーン少年合唱団熱海公演実行委員会(小椋郁乃代表)が企画した。

毎年開催を計画しており、初回2019年の公演では市内の小学校3年生、6年生および中学校3年生(引率教員を含め約500人)の席を準備する。残りの1500席余りを熱海市民をはじめ、近隣市町の人たちにチケット販売する。

2019年は日本とオーストリアの国交樹立150周年にあたり、両国の記念事業として15公演し、東海エリアでは熱海だけの開催。詳細については1月8日に熱海市議会議長応接室で記者会見を開き、発表する。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真はローソンチケットより

■公演スケジュール
4月28日(日)ウェスタ川越(埼玉)
4月29日(月祝)江戸川総合文化センター(
東京)
5月1日(水祝)板橋区立文化センター(東京)
5月3日(金・祝)サントリーホール(東京)
5月4日(土・祝)同
5月6日(月祝)八ヶ岳高原音楽堂(長野)
5月10日(金)救世会館大ホール(熱海)
5月18日(土)足利市民会館(栃木)
5月29日(水)東京芸術劇場コンサートホール(東京)
5月31日(金)奈良県文化会館(奈良)
6月1日(土)草津市立草津クレアホール(滋賀)
6月8日(土)横浜みなとみらいホール(神奈川)
6月14日(金)東京オペラシティ コンサートホール(東京)
6月15日(土)同
6月15日(土)同

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る