10万球のチューリップが見頃、4月26日まで熱海市民入場無料/アカオ・ガーデン


熱海市のアカオ・ハーブ&ローズガーデンで、チューリップが見頃を迎え、観光客や市民でにぎわっている。今年は大型観光企画「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」(4月1日から6月30日)の一環で「熱海ローズフェスティバル2019」を開催。4月8日~26日の平日(月曜~金曜)に市民無料招待デーを設けている。入園時に運転免許証や保険証など、熱海市民であることがわかるものを提示すれば、無料で入園できる。相模灘を望める丘陵地の66ヘクタール、東京ドーム13個分の同ガーデンはバラで有名だが、桜や菜の花、ハーブなどさまざまな植物が栽培され、年間を通じて楽しむことができる。
この時期は、10万本植えられたチューリップがベストシーズンを迎え、ストック、ビオラ、デージーなどの春の花々が主役を務める。

天候に恵まれた9日午前、さっそくガーデンを巡ると花々の合間に太平洋が一望でき、チューリップ越しに名勝・錦ケ浦の風景を写真に収める人で賑わっていた。チューリップなどは大型連休ごろまで楽しめ、その後は約600種4000株のバラが順次開花する。

世界的建築家の隈研吾(くま・けんご)氏がデザインしたカフェ「COEDA HOUSE(コエダハウス)」の海側には、山の斜面を活かしてつくられた展望デッキがあり、花々や海を一望できまる。コエダハウスの横にあるブランコ、通称「空飛ぶブランコ」は目の前に絶景が広がり、インスタ映えする人気のフォトジェニックスポット。海を背景に写真を撮れば、まるで海の上に浮いているかのような一枚になるという。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■問い合わせは0557-82-1221(アカオ・ハーブ&ローズガーデン)






 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る