浦安の舞、舞姫4人が公開稽古 来宮神社例大祭へ仕上がりは上々

来宮神社(雨宮盛克宮司)の例大祭(7月14-16日)で伝統の「浦安の舞」を奉納する4人の舞姫が7月8日夜、神社本殿で公開稽古を行った。笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、神楽笛、笏拍子(しゃくびょうし)、太鼓、琴の演奏に合わせて本番さながらに舞い、順調な仕上がりを披露した。
令和最初の舞い姫は、熱海中2年の飯山陽南乃(いいやま・ひなの、田原本町)さん、同1年の鈴木彩華(すずき・あやか、福道町)さん、徳用千羽哉(とくよう・ちはや、西山町)さん、渡邉葉音(わたなべ・はのん、咲見町)さん。4人は責任当番町の咲見町を中心に選ばれた少女たちで、巫女長の湯田実咲さんが指導にあたり、6月2日から連日稽古を続けてきた。13日には十二単に身を包んで通し稽古を行い、本番に備える。
7月15日の例大祭神事、16日の神幸祭、御神幸行列などで「浦安の舞」を奉納する。
(熱海ネット新聞)
■浦安の舞 昭和15年(1940)の皇紀2600年奉祝会に際し、当時宮内省楽部楽長だった多忠朝(おおのただとも)によって新作された神楽舞。4人舞で前半が扇舞、後半が鈴舞。「うら」は心を指す古語。「うらやす」で心中の平穏を表す語とされ、平和を祈る。






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  2. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
  3. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
  4. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

    「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開か…
ページ上部へ戻る