資源循環の促進、トイレットペーパー寄贈加速 雑がみ回収プロジェクト

地球温暖化防止や資源の再利用を目的に雑がみ回収に取り組む熱海市の「雑紙回収プロジェクト」(石渡久照代表)は7月23日、雑がみから作られたトイレットペーパー500個を市内の5福祉施設に寄贈した。このうち、障害者生活介護事業所「陽光の園」では、齋藤栄市長、石渡代表らが訪れ、トイレットペーパー100個を寄贈した。

同プロジェクトは市民有志、熱海女性連絡会(瀧野慶子会長)、市が協働で2015年5月に発足。市役所、市総合福祉センター、南熱海マリンホールに専用の回収箱を置き、新聞紙、雑誌、牛乳パック、ダンボールなどを回収。毎年、これらの雑がみをトイレットペーパーに再生し、福祉施設などに寄贈している。

今年6月までの雑がみの回収量は17トン。今回の寄贈分で得られたトイレットペーパーは寄贈分も含めて計3000個となった。

熱海市で処理される可燃ごみのうち、紙・布類が45・5パーセント。市や各団体などが集団回収を実施しているが、まだ多量の紙類が焼却処分されていることから、同プロジェクトでは、環境保全に雑がみ回収への協力を呼びかけている。(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る