懲役2年、前伊東市長の実刑確定 伊東市、退職金5400万円を全額返還請求へ

伊東市の旧伊東マンダリン岡本ホテル跡地売買をめぐる贈収賄事件で収賄の罪に問われ、一審に続き二審の東京高裁で実刑判決を受けた前伊東市長の佃弘巳被告(72)は上告期限の8月22日までに上告せず、懲役2年、追徴金1300万円の判決が確定した。近く収監される。
 これに伴い、伊東市の小野達也市長は23日、同被告に対し3期分の退職金約5400万円全額の返還を求める方針を明らかにした。合わせて跡地の購入の際、所有者の建設・不動産会社と1億9千万円で合意しながら、2億500万円の補正予算を組ませて取得したことから、差額の1500万円についても損害賠償請求をする方針。

確定判決によると、佃被告は市長だった2015年8月下旬~9月上旬、同市の不動産会社が所有するホテル跡地を市が購入した取引に関し、謝礼として同社元社長=執行猶予付き有罪判決が確定=から300万円を、仲介役の男=同=を介して1000万円を、それぞれ受け取った。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
  2. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  3. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  4. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
ページ上部へ戻る