自民党総裁選 静岡県連はドント方式で予備選 2万9千人に投票用紙郵送

自民党静岡県連は9月3日の臨時役員会で、安倍晋三首相の後任を選ぶ党総裁選で県連に割り振られた3票の投票先を決めるため、県内党員による独自の予備選を実施することを確認した。予備選では、県内約2万9千人(熱海市内は約200人)の党員に投票用紙を郵送し、記入後に返送してもらう。最も多く得票した候補の「総取り」ではなく、各候補の得票数に応じて「ドント方式」で3票を割り振る。
総裁選は8日に告示され、14日の両院議員総会で投開票される。これまでに、菅義偉官房長官氏=写真=と岸田文雄政調会長、石破茂・元幹事長が立候補を表明している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る