【花】夏を告げるタイサンボクが大輪咲かせる MOA瑞雲会館

 

MOA瑞雲会館の向かい、オレンジハウス入口前のタイサンボク(モクレン科)の花が見頃を迎え、訪れる人々の目を楽しませている。
タイサンボクは初夏に花を咲かせる北米原産の植物。白く大きなおわん型の花からはかんきつ類の爽やかな香りが漂い、来訪者は足を止めて見入っている。

漢字では「大山木」。 俳句では「泰山木の花」が夏の季語になっている。

DSC_2439ssp

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  2. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
  3. 2022-5-15

    熱海海上花火大会 旅行喚起策「しずおか元気旅」効果で県外から続々

    熱海湾で5月14日、今年度3度目の海上花火大会があり、午後8時20分〜40分に3000発を打…
  4. 2022-5-14

    熱海こがし祭り「山車コンクール」3年ぶりに開催 7月15、16日

    熱海市観光協会は5月13日、新型コロナウイルスの影響で2年連続で中止していた「熱海こがし祭り 山車コ…
ページ上部へ戻る