熱海市、女性人口が2万人割れ 出産適齢期の減少で少子化加速

熱海市は、11月末現在の地区、月別人口及び世帯数を公表した。総人口は3万6559人(男性1万6575人、女性1万9984人)で前月比で37人減少した。女性の2万人割れは初めて。出産適齢期とされる25~39歳の女性人口が減少していることから、今後も人口減少の傾向が続くとみられる。

転入は転出を超過

出生と死亡の自然動態でみると、出生が11人(男7、女4)で、死亡が61人(男23、女38)。一方、社会動態では転入149人(男74、女62)で、転出が136人(男74、女62)。活況が示すように転入が転出超過している。世帯数は2万1462で26減だった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  2. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
  3. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
  4. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

    「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開か…
ページ上部へ戻る