よいしょ! ひと足早いお正月 熱海駅前商店街で恒例の餅つき

2学期終業式があった12月25日、恒例の「もちつき大会」が熱海駅前郵便局裏の公開空地で開かれた。昔ながらの餅つきを子どもたちに楽しんでもらおうと市東部地区青少年健全育成会(三枝佐斗志会長)が主催。もち米25キロを用意し、役員らが石臼ときねを使ってつく恒例行事。
幼児から中学生までおよそ150人の子どもたちが参加し、つきあがった餅はきな粉やあんこ、のり巻きで味付けされて振る舞われた。

熱海駅前の平和通り、仲見世通りの商店街は年末年始は超忙しとなることから、毎年、この時期にひと足早い餅つきを行っている。当初は田原本町の子どもたちへの冬休み前のサービスだったが、年々、規模が大きくなり現在は近隣の4町内が合同で実施している。新年の準備に慌ただしい商店街に威勢の良い「よいしょ!」の声が響いた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る