伊豆文学賞 ホテルニューアカオで最終審査会 村松友視さん、嵐山光三郎さん、太田治子さん

第23回伊豆文学賞の最終審査会が1月9日、熱海市のホテルニューアカオであった。静岡県に縁のある村松友視さん(直木賞受賞)、嵐山光三郎さん(読売文学賞受賞)、太田治子さん(坪田譲治文学賞受賞)が出席し、フランスをはじめ、国内外から応募があった小説・随筆・紀行207編の中から最終選考に残った10作品について意見を交換。最優秀作品1点(賞金100万円)、優秀賞点(賞金20万円)、佳作2点(賞金5万円)を選んだ。審査員の三木卓さん(芥川賞受賞)は欠席し、文書で採点を寄せた。結果は14日に発表される。
(熱海ネット新聞)

◆村松友視さん「読みやすく、素直な文章。手慣れた、書き慣れた文章。以前応募した作品の素材を作り直したような作品。色んな種類の作品が上位に揃い、決め甲斐があった」
◆ 嵐山光三郎さん「今回の作品は粒揃いで、加点を5・5とか4・5とか、コンマ5点を付けたくらい、苦労した。力を付け良い作品が集まった」
◆ 太田治子さん「練りあげて考えて素晴らしい作品になることもあるけれど、一読してさーと胸に入ってきた作品に清々しさを感じた」
■伊豆文学賞 文学のふるさと伊豆をはじめとする静岡県内の自然や地名、行事、人物、歴史などを題材とした文学作品を公募。川端康成の「伊豆の踊子」や井上靖の「しろばんば」に続く新たな文学作品や人材を見いだそうと1997年から毎年開催。
■主催 静岡県、伊豆文学フェスティバル実行委員会。

「伊豆文学賞」応募要項

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る