熱海市民駅伝 中部Aチーム、6年連続の総合優勝 2位は多賀A

第16回熱海市民駅伝競走大会が1月25日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・2キロで開催された。町内会などの部14、一般の部8の計22チームが出場し、2部門でたすきをつないでゴールを目指した。町内会等の部では中部Aチームが49分33秒で6年連続7度目の優勝。総合優勝も果たした。2位は1分23秒差で多賀A。3位にはさらに33差で泉Aが力走した。
一般の部は熱海高校バスケ・野球部が53分57秒で優勝。泉エンジョイランニングAが2位。東海医療が3位だった。
全チームがそれぞれの地域、団体の期待と夢を背負ってタスキをつなぎ、全チームが完走した。
(熱海ネット新聞)
■気象 天候=晴れ、気温=8・0度、風速3・0m
■主催 熱海市、主管=NPO法人熱海市体育協会

熱海路を市民ランナーが駆け抜ける第16回熱海市民駅伝競走大会の出発式が1月25日午前8時半から市営東駐車場上のサンデッキで行われた。大会に出場する22チームが見守る中、前年優勝の中部Aチームの優勝旗を返還した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る