第三者委員会の報告書を受け、市が熱海国際映画祭「検討委員会」設置

2年に渡り熱海国際映画祭の運営が混乱した問題に関する第三者委員会の報告書を受け、熱海市は1月27日、市役所内に再発防止策など今後のあり方や責任の所在を話し合う対応検討委員会を設置したと発表した。
チームリーダーに金井慎一郎副市長を選定、経営企画部長、同次長、企画財政課長、総務課長、法務関係職員など8人で構成する。期間は設けず、第三者報告書で指摘された「監査・監督意識の欠如や、市長と職員の情報共有が不十分だった」などの問題点について検討する。

処分については、齋藤栄市長は自身で判断し、一般職の職員については、熱海市職員分限違反及び懲戒処分審査委員会規定に基づき、処分審査委員会で決めるという。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  2. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  3. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
  4. 2021-10-22

    起雲閣でモロッコ•フェズ刺繍作家・中山奈穂美さん作品展 ART EXPO始まる

    東京都と熱海市の双方に住まいを持つ「二拠点生活」を続けながら、都内でモロッコ伝統の「フェズ刺繍(しし…
ページ上部へ戻る