「いまは静岡に来ないで」「135号Uターン」看板設置 「水際対策」始まる

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、静岡県は大型連休が始まる4月29日から5月6日まで県境をまたぐ主要道路に「いまは静岡に来ないで」「この先施設休業中」「コロナ収束後お越し下さい」の看板を掲げ、県外からの来訪者に往来自粛を呼びかける。28日、熱海市渚町の国道135号など県内道路7カ所と熱海ビーチラインなど有料道路の料金所5カ所で設置作業が行われた。首都圏からの静岡県への玄関口となる熱海市では看板の他に「感染拡大防止 国道135号Uターン」の案内ボードも設置し、「水際対策」に乗り出した。

29日は午前10時から渚町の国道135号でチラシを配り、県外からの来訪者に往来自粛を呼びかける。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

ページ上部へ戻る