日本最大級の送り火「百八体流灯祭」コロナ禍で95%減のかがり火で供養

熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日夜、規模を大幅に縮小して開かれた。例年は上多賀の長浜海水浴場から中野の小山臨海公園までの約3000メートルに290基のかがり火を灯して先祖の精霊を送るが、今年は新型コロナウイルス拡大防止のため、長浜海水浴場の砂浜だけで行い、数も20基に減らして実施した。

「百八体流灯祭」は戦前まで300年続いた仏事。山から切り出した燃木(もしき)を井桁(いげた)に組み上げ、赤根、白石地区から中野海岸までの区間に2間(約3・6メートル)置きに並べ、僧侶の読経とともに一斉に火を灯して先祖の霊をなぐさめたという。

同協会が昭和30年代にお盆の行事として復活させ、現在は長浜海水浴場から中野海岸までの国道135号沿いに290基のかがり火を設置。地域住民が分担して火をともす。眺めの良い場所には毎年大勢の見物人が集まることから、その密集と行事の担い手の密接を避けるため、異例の形で開催した。
(熱海ネット新聞)
■日本一 京都や箱根など大規模な「大文字」の送り火はあるが、「一文字」では多賀の送り火は日本最大級。例年は、多賀湾が橙(だいだい)色に染まり、ゆらめく炎が幻想的-。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  2. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  3. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  4. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
ページ上部へ戻る