10月6日、火星が地球に接近 今夜の天体ショー、熱海ネット新聞が先撮り

火星が10月6日、地球に最接近する。国立天文台によれば、火星は地球の外側を楕円(だえん)軌道で公転していて、約2年2カ月ごとに地球に接近。今回は、15年ぶりの近さだった2018年7月31日の5759万キロ(遠い時は1万キロ)には及ばないものの、6207キロまで近づく。
熱海ネット新聞は前日5日〜6日未明にかけて熱海駅周辺から先撮りして天体ショーを写真に収めた。
宵には東の低空に見え、真夜中になると南の空高い位置で見え、マイナス2・6等の明るさで赤く輝く。オレンジ色の木星(マイナス2等星からマイナス3等星)よりも明るくなる。
同天文台によれば、望遠鏡を使えば、かつて運河と間違えられた黒い模様も見えるという。火星は地球の1つ外側の惑星で水が流れていた跡や有機物が見つかっていることから、生命が存在する可能性があるとして、日本をはじめ、各国が観測や探査を強化している。

最接近前後の数週間は地球と火星との距離は大きく変わらず、11月初めまで観察の好機が続く。この機会に、ぜひ熱海から火星を観察してみてください。
(熱海ネット新聞・天体取材班)
天体イラストは国立天文台HPページより
■太陽系惑星の大きさ 木星>土星>天王星>海王星>地球>金星>火星>水星

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  2. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  3. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
  4. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
ページ上部へ戻る