熱海市民クラブ、来年度予算に10項目要望 山田治雄代表が市長に

熱海市議会の熱海市民クラブは12月16日、新年度予算編成に対する10項目の要望書を市に提出した。市長応接室を訪れた山田治雄代表が「コロナの影響は甚大。観光業を基幹産業とする熱海市は大変厳しい状況にあるが、少子高齢化、人口減少も深刻。コロナ対策とともに、健康・福祉・教育・雇用の施策にも目を向け、予算編成に生かして欲しい」と述べ、同会派の橋本一実副議長とともに齋藤栄市長に手渡した。

新型コロナウイルス対策では、市民が気軽に訪れることができる相談窓口の設置、電話およびSNSを活用した相談対応。大きなダメージを受けた市内事業者への支援。感染防止や消毒作業などで多忙化している教職員の負担解消ーなどを求めた。
河川清掃における町内会の負担を無くすための業者委託。特別養護老人ホームへ入所を求める待機者の解消。小学校給食費の完全無償化。定住人口の増加へ向けた熱海版リゾートオフィス誘致と新幹線通勤者のバックアップなども盛り込んだ。
市長は「コロナ対応も含め、大事な視点がちりばめてある。検討させていただく」と応じた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る