齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める齋藤栄熱海市長は1月22日、静岡県庁に川勝平太知事を訪ね、同町村長会長の太田長八東伊豆町町とともに緊急事態宣言の静岡県への再発令を政府に要請するよう、要望書を手渡した。
要望書は「首都圏、中京圏への緊急事態宣言発令による外出自粛要請により、観光産業を中心として地域経済は甚大な打撃を受けている」とし、感染拡大防止策の強化とともに緊急事態宣言発令の要請を要求する内容。

齋藤市長は「変異種が確認され、県民は不安でいっぱいだ」と緊急事態宣言を求める県内35市町の首長の声を代弁し、「とくに伊豆半島は首都圏に加えて県内からの来客がなくなり、地域経済は瀕死の状態だ」と早急の再発令を求めた。これに対し、知事は県内では指標の中でステージ4になっているところが1つもないことから、「出しても国に蹴られる。“はい、分かりました“と言っても約束は守れない」と答え、現時点では要請しない考えを示した。

緊急事態宣言が出されれば、時短要請による協力金や一時金を受けることができる。熱海市では、熱海商工会議所、ホテル旅館協同組合連合会、観光協会から県と国による支援を強く要望されている背景もあり、齋藤市長は引き下がらず、「変異ウイルスの感染によって一気に感染者が増え、ステージ4になる可能性がある。そうなる前に動くことが大切だと思う」と再考を求めた。しかし、知事は「無理筋な話、出しようがない」と応じなかった。
その上で知事は、齋藤市長が求めた各市町が独自に行う制度融資や助成金などの経済施策については、市町が全額負担しないよう支援する考えを示した。また県の制度融資を事業者が積極的に活用するよう協力を求めた。

齋藤市長は「ここから急カーブで感染者が増えていく可能性がある。それを恐れている。(現時点での静岡県を対象とした緊急事態再発令は難しいが)市町の単独事業に対して支援を考えていくという言質をいただいた。来た意味があったと思う」と述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2021-6-22

    熱海サンビーチなど市内3海水浴場、7月17日から開設 8月29日まで

  2. 2021-6-22

    【お悔やみ】清水信彦さん(熱海市下多賀)6月20日死去

  3. 2021-6-22

    【お悔やみ】山本登さん(熱海市下多賀)6月18日死去

  4. 2021-6-21

    「ジャカランダ・フェス」の人出9728人 一昨年の55•7%減

ページ上部へ戻る