看板梅「紅千鳥」も開花 熱海梅園で梅と桜の花が同時に満開 春の共演 

あたみ桜と早咲きの梅が満開が重なった2月7日の日曜日、熱海梅園は首都圏などから訪れた観光客で賑わった。梅は早咲き種が出揃い、看板梅「紅千鳥」などの中手勢に主役が移りつつある。
中央広場の「紅千鳥」もその一つ。紅色の中輪一重咲きで花弁の内側に雄しべが変化した旗弁(はたべん)があり、この旗弁を千鳥にたとえて名付けられた。熱海在住の演歌歌手、高瀬一郎さんの曲名やみなみ製菓のもなか(A-PLUS)、化粧筆店にもこの名前が付けられ、熱海を代表する梅として知られる。今週はこのほか養老、呉羽枝垂れも咲き出し、計60種中49種が開花し、約8割が出揃った。

熱海梅園入り口前の市道では、あたみ桜がピークを迎え、訪れた人たちは梅と桜を一緒に楽しんでいる。東京都、神奈川県などに再発令された緊急事態宣言が延長されたことを受け、首都圏の主だった早春のイベントが中止になり、熱海を訪れる観光客は週を追うごとに増えている。1カ月前までは閑古鳥が鳴いていた駐車場も県外ナンバーの車両で混雑が続いた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る