名前は「熱海 まめっこ」 熱海芸者の公式キャラクター 全国公募で決まる

熱海芸妓置屋連合組合が全国に公募していた熱海芸者の公式キャラクターの名前が「熱海 まめっこ」に決まった。名付け親は、長崎県の石島拓哉さん。「お茶目で豆粒のように小さく可愛く、まめまめしく働きながら、周りの人を楽しませてくれる」というのが名前の由来。昨年12月〜1月8日に寄せられた500件の中から、2度の審査で8件に絞り、組合幹部とデザインを担当した株式会社蜂(熱海市紅葉ガ丘町)のスタッフが選んだ。「熱海っ娘(あたみっこ)」の応募もあったが、既に商品や店名などに使用されていたため、選考から外した。
ポスター類に続いて着ぐるみ、LINEスタンプ、シール、マスク、エコバックなどの製作準備も始まっており、着ぐるみはピンク、正月やおめでたい日に着る黒の「出の衣装」、夏用の浴衣もしつらえ、季節に応じて着せ替える。
西川千鶴子組合長は「芸者は夢を売る商売。新型コロナウイルスの暗いニュースが多い中、少しでも明るい話題になれば。たくさんの人に可愛がってほしい」。広報部長の豆一さんは「熱海を訪れる若い人たちは芸妓文化を知らない。まめっこを通して熱海に芸者がいることを知っていただき、街中を賑やかにしたい。コロナが収まれば、さまざまなイベントに積極的に参加し、独自の事業として成功させたい」と述べた。
(熱海ネット新聞)
■「いずっこ」 熱海芸者の妖精という設定で、性格はメッチャクチャ明るく楽しく賑やかだが、時々怒る事があり怒ると スゴ〜ク怖い。でも お茶目で可愛いーー性格の持ち主。
■最終候補8件 「あつ乃」「華舞(はなまい)ちゃん」「華乃」「あた姫」「豆枝(まめっこ)」「あたみぃ」「舞ちゃん」「ゆのちよ」「あたみ〜なちゃん」「湯華ちゃん」

写真=2月6日、熱海芸妓見番歌舞練場 左から美保さん(副組合長)、西川千鶴子組合長、豆一さん(広報部長)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る