多賀湾に映える満開のあたみ桜 さくらの名所散策路、花見客でにぎわう

熱海市内のあたみ桜が一斉に満開を迎えた2月7日、市が新たな南熱海の観光名所にしよう15年かけて整備した「さくらの名所散策路」(通称・四季の道)で87本のあたみ桜が満開となり、花見を満喫する多くの人の姿が見られた。
JR伊豆多賀駅と県立熱海高校を結ぶ全長760メートルのこの散策路は高台にあり、多賀湾、初島、南熱海地域の眺望と可憐なピンクのあたみ桜が楽しめる。花の蜜を求めて飛来したメジロが枝から枝へめまぐるしく飛び回り、その度に花びらが舞い、スマートフォンなどで動画撮影する人も多い。

「四季の道桜まつり」(多賀観光協会主催)はこの日で閉幕したが、今年は例年より1週間ほど満開になる時期が遅れ、今週末まで最高の見ごろが続く。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る