コロナ禍の熱海梅園「梅まつり」閉幕 首都圏の新規感染者減少で人出増える

1月9日から熱海梅園で開催されていた「第77回梅まつり」が3月7日閉幕した。9割近くの梅が見ごろ過ぎに入ったものの、遅咲きの開運、乱雪、白獅子などが園内を彩り、最後の週末は人出が増えた。首都圏で新規感染者が減少したせいか、卒業旅行らの若者グループの花見客も多く見られた。
今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府が東京、神奈川など1都3県などに緊急事態宣言を再発令。主催する熱海市観光協会は、式典やイベントを中止して実施した。2月末までは、全国的な外出自粛ムードで12万人台と前年比3割減少した前年(2020年)より大幅に人出が少なかったが、3月に入り、熱海市を訪れる観光客は少しづつ増えている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る