コロナ下のGW 熱海は「人混み」 東京、神奈川からレジャー客流れる

ゴールデンウイーク(GW)の5連休初日となった5月1日、JR熱海駅では、改札から多くの若者があふれ、市街に人が流れた。コロナ禍で東京、神奈川の商業施設が休業、酒類の提供も制限されているため、飲食やレジャーを目的にした多くの都民、神奈川県民が熱海に足を運んだ。
全国メディアの報道では、JR品川駅から電車で約10分の川崎駅に都民が流れているというが、JR品川駅から新幹線で約40分の熱海駅も同じ構図。東京の緊急事態宣言下で迎えるGWは2年連続だが、今年は打って変わって人流が増加。熱海駅前の人気店舗前では話をしながら路上食いする若者グループも散見され、市民からは困惑の声が上がっている。
都道府県をまたぐ移動の自粛の呼びかけで、多くの観光地がGW突入にも関わらず閑散とするなかで熱海は混雑。市と静岡県は、街ゆく若者にマスクの着用などコロナ対策の徹底を呼びかけている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る