熱海市民クーポン券、7月1日から郵送 市民全員に1人につき5千円

熱海市は6月24日、新型コロナウイルス感染拡大の長期化で苦しむ地域経済を後押しする「熱海市民クーポン券」を7月1日から全市民に順次郵便(ゆうパック)すると発表した。世帯主宛に世帯員全員分をまとめて送付する。申請の手続きは不要だが、大量発送(市民3万5601人、2万1378世帯)のため、全世帯に行き届くまで1カ月程度かかる。
クーポン券は1人につき5千円。利用登録した市内の小売店や飲食店など503店(6月21日現在)で利用できる。取扱店はクーポン券を発送する際に一覧表を同封するが、12月28日まで受け付けており、増えた分については市のホームページに随時掲載する。
使用可能期間は7月1日から来年1月31日まで。取扱店には、ポスターまたはステッカーが掲示される。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    熱海土石流、新たに1人の遺体発見、死者20人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で1人の遺体を発見し…
  2. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  3. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  4. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
ページ上部へ戻る