熱海市、「安否不明20人」から「連絡取れない住民113人」に上方修正 

熱海市伊豆山で7月3日に起きた大規模な土石流で、齋藤栄市長は5日朝の記者会見で、これまで「約20人」としてきた安否不明者数を「居場所が分からない113人」に上方修正した。市は発生当初、親族や知人から「連絡がつかない」と、市災害対策本部や消防に問い合わせのあった約20人を「安否不明者」としていたが、住民基本台帳に記載さていた被害家屋130棟に住む215人に安否確認したところ、5日午前7時の時点で生存が確認できたのは102人。113人の行方が分かっていないことが判明した。市長は「被災した家屋に実際に住んでいたかどうかも含め、安否不明者を正確に把握するのは大変難しい状況」と話し、引き続き安否確認を急ぐ。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る