熱海市、「安否不明20人」から「連絡取れない住民113人」に上方修正 

熱海市伊豆山で7月3日に起きた大規模な土石流で、齋藤栄市長は5日朝の記者会見で、これまで「約20人」としてきた安否不明者数を「居場所が分からない113人」に上方修正した。市は発生当初、親族や知人から「連絡がつかない」と、市災害対策本部や消防に問い合わせのあった約20人を「安否不明者」としていたが、住民基本台帳に記載さていた被害家屋130棟に住む215人に安否確認したところ、5日午前7時の時点で生存が確認できたのは102人。113人の行方が分かっていないことが判明した。市長は「被災した家屋に実際に住んでいたかどうかも含め、安否不明者を正確に把握するのは大変難しい状況」と話し、引き続き安否確認を急ぐ。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る