8月17日のパラリンピック聖火リレー中止 熱海市、土砂災害で辞退

熱海市は7月21日、市内伊豆山地区で起きた土砂災害の被害状況とを鑑み、8月17日に予定していたパラリンピック聖火リレーの中止を発表した。災害対応に追われる実情から静岡県と協議の上、東京2020組織委員会に辞退を申し入れ、同日承認された。
パラリンピックの聖火リレーは8月17~24日に競技会場がある静岡、千葉、埼玉の3県、東京都の順に行われ、初日に熱海市をスタートする予定だった。熱海市区間は、海岸沿いの渚小公園から起雲閣前を経て熱海サンビーチに入り、お宮の松までの約1・4キロが予定されていた。変更により、8月17日の静岡県区間は、静岡市が出発地点となる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る