土石流被災者に寄せられた9億円義援金 9月9日に第1回配分会議

熱海市伊豆山で起きた大規模な土石流災害から2カ月たった9月3日、熱海市は被災者に寄せられた義援金(被災者に直接配分する寄付金)を「公平」「迅速」「透明」に配分するため、義援金配分委員会の設置を決めた。
第1回配分委員会を9日に市役所で開き、静岡県とともに義援金の配分対象、金額、受付期間などを協議する。これまで市に6億2521万2831円、これとは別に県に約1億8千万円の義援金が寄せられており、遺族らから早期配分を求められていた。
今回の伊豆山土石流災害では、これまでに26人の死亡が確認され、いぜん1人が行方不明。被災家屋は128棟(135世帯)。3日現在、153人が市内のホテルに避難している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る