太陽光発電などの再生エネ施設、熱海土石流の災害懸念場所を除外 

環境省は9月7日、「2050年までの脱炭素社会の実現」 へ向けて5月に成立した改正地球温暖化対策推進法の制度の詳細を検討する有識者会議の初会合を開いた。太陽光発電などの再生エネ施設を設ける「促進区域」について、土砂災害などの危険がある地域を除外する案を示した。熱海市伊豆山の土石流被害を受けた対応。年内に詳細を詰めて2022年4月の施行をめざす。
改正法では、市町村があらかじめ経済性や地形、地域住民の了解などの条件を満たしたエリアを「促進区域」とし、太陽光発電所や風力発電所などの再生可能エネルギー事業の許認可の手続きのワンストップ化や環境影響評価(環境アセスメント)の簡略化などで優遇する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る