出動中に新たな火災発生! 起雲閣などで合同訓練 消防団と消防本部

秋の全国火災予防運動に合わせて熱海市消防団と熱海消防署は11月7日、方面隊ごとに合同訓練を行った。このうち、市指定文化財「起雲閣」では消防団第1方面隊(第1〜第3分団)と消防署第1小隊の約70人が参加した。
訓練は「火災発生や災害等の警戒で出動中に新たに火災が起きた」という設定。指令を受けて出動した各隊は、ポンプ車で現場に到着すると手際よくホースを連結し、中庭や建物に放水した。7月3日にあった伊豆山地区の大規模な土石流を踏まえ、同時多発的な出動に備えた。


その後、訓練終了式を行い、櫻井佳久消防団長は「消防署との合同訓練は、春と秋の年2回しかできない。火災発生にはさまざまなケースが予想され、今日の経験を生かして欲しい」と訓示した。
第2方面隊は泉の荒助橋、第3方面隊は下多賀の大縄公園公園、第4方面隊は網代漁港周辺でそれぞれ合同訓練を行った。
(熱海ネット新聞)
■植田宜孝消防長 本業の仕事と掛け持ちしながら、消防活動を行う消防団員は時間的にも大変だが、訓練は裏切らない。地域の安心安全にしっかり備えて欲しい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る