師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を開かせ、これで観賞できる梅は早咲き種の冬至梅(とうじばい)、八重寒紅(やえかんこう)、八重野梅(やえやばい)、大盃の4種となった。同園では、60品種(469本)の梅が植栽されており、翌年3月にかけて、早咲き→中咲き→遅咲きと順番に開花し、園内を彩る。
「もみじまつり」開催中の(〜12月5日)熱海梅園では、紅葉の見頃が続き、あたみ桜も開花している。
(熱海ネット新聞)
写真は冬至梅

 

紅葉とあたみ桜

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る