積雪で「雪だるま」作り  熱海市の山間部はスキー場のような光景

熱海市では1月7日、寒気に覆われた影響で雪が降り、下多賀・山伏峠や上多賀・自然郷、熱海・笹尻交差点付近で8センチほどの積雪を記録した。 一夜明けた8日は青空が広がり、山間部ではスキー場のような光景に。首都圏から移住してきたり、熱海と2拠点生活するアーティストなどが多く住む自然郷では、雪だるまを作って写真に収める人も多く、その1人が熱海ネット新聞に寄稿した。

降雪による路面凍結の影響で伊豆スカイライン全線、県道熱海箱根峠(笹尻交差点→熱海峠)、市道熱海新道線(自然郷→玄岳料金所)は通行止め。県道熱海函南線(梅園町→鷹ノ巣山トンネル)、県道熱海大仁線(下多賀→山伏峠)、県道熱海箱根峠線(笹良ヶ台→笹尻交差点)、県道十国峠伊豆山線(泉→伊豆山)、市内山間部道路では、チェーン及び冬用タイヤ規制が敷かれている。
(熱海ネット新聞)

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る