消防出初め式 2年ぶりに一斉放水、熱海湾に「鮮やかな虹」架かる

年頭恒例の熱海消防出初式が1月7日、渚親水公園などであり、市消防本部、消防団(4方面11隊、女性消防部1)など約350人が防災意識を新たにし、士気を高めた。
昨年は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小したが、今年は例年通り、一斉放水や分列行進を実施。2年ぶりに行われたムーンテラスでの一斉放水では、24本のホースが海に向けて勢いよく水を放出すると、澄んだ青空に飛沫がかかり、熱海市街を背景に鮮やかな虹のアーチが。出初式のフィナーレを飾った。
銀座通りで行われた徒歩による分列行進は、小気味良い太鼓の演奏に合わせて各方面隊ごとに分団旗を掲げ各隊が進み、防火意識を高揚させた。今年も防火協会幼年消防クラブの保育園児(富士、栄光熱海中央、MOAあたみ幼児学園)の「火の用心の歌」の合唱が先頭し、市民や観光客から「かわいいね」の声が上がった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る