消防出初め式 2年ぶりに一斉放水、熱海湾に「鮮やかな虹」架かる

年頭恒例の熱海消防出初式が1月7日、渚親水公園などであり、市消防本部、消防団(4方面11隊、女性消防部1)など約350人が防災意識を新たにし、士気を高めた。
昨年は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小したが、今年は例年通り、一斉放水や分列行進を実施。2年ぶりに行われたムーンテラスでの一斉放水では、24本のホースが海に向けて勢いよく水を放出すると、澄んだ青空に飛沫がかかり、熱海市街を背景に鮮やかな虹のアーチが。出初式のフィナーレを飾った。
銀座通りで行われた徒歩による分列行進は、小気味良い太鼓の演奏に合わせて各方面隊ごとに分団旗を掲げ各隊が進み、防火意識を高揚させた。今年も防火協会幼年消防クラブの保育園児(富士、栄光熱海中央、MOAあたみ幼児学園)の「火の用心の歌」の合唱が先頭し、市民や観光客から「かわいいね」の声が上がった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る