幕下筆頭の熱海富士、白星発進 2日目の10日は十両・矢後と段違い対戦

大相撲初場所(両国国技館)初日の1月9日、西幕下筆頭の熱海富士(19、伊勢ヶ濱部屋、本名武井朔太郎、熱海市出身)が玉正鳳(東幕下2枚目)を寄り切り、白星発進した。幕内と十両は基本的に、勝ち越し1つにつき番付が1枚上がる(負け越し1つにつき1枚下がる)。勝ち越せば関取昇進(十両)の権利を得るため、「いつもとり、緊張して臨んだ」というが好発信。「自分の相撲を取りきりたい」と話し、これまで通り、一日一番に努める。
熱海富士は2日目の10日、西十両14枚目の矢後と対戦する。十両との段違いの取り組みはデビュー以来初めてで、角界注目のカードにー。
(熱海ネット新聞)
写真=NHK大相撲中継より

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る