新春の熱海彩る3千発の大輪 今年初めての熱海海上花火大会開催

好天に恵まれた3連休中日の1月9日、熱海湾で今年初めての熱海海上花火大会(熱海温泉ホテル旅館協同組合連合会主催)が開かれ、約3千発の大輪が熱海温泉の夜空を彩った。例年は1月の開催はないが、新型コロナウイルス感染拡大や伊豆山土石流の影響で延期され、首都圏などから若者のグループやカップルらが詰めかけた。

寒さがやわらいだ事もあり、この日の熱海市街は終日混雑。市内の宿泊施設は満室に近い状況で、JR熱海駅前の商店街は「熱海梅園梅まつり」や「熱海サンビーチどんどん焼き」へ向かう観光客で朝からにぎわった。午後8時20分に始まった熱海海上花火大会にも3千人(主催者発表)が渚親水公園と熱海サンビーチに繰り出した。次回は15日(土)に打ち上げる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
  2. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  3. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  4. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
ページ上部へ戻る