新春の熱海彩る3千発の大輪 今年初めての熱海海上花火大会開催

好天に恵まれた3連休中日の1月9日、熱海湾で今年初めての熱海海上花火大会(熱海温泉ホテル旅館協同組合連合会主催)が開かれ、約3千発の大輪が熱海温泉の夜空を彩った。例年は1月の開催はないが、新型コロナウイルス感染拡大や伊豆山土石流の影響で延期され、首都圏などから若者のグループやカップルらが詰めかけた。

寒さがやわらいだ事もあり、この日の熱海市街は終日混雑。市内の宿泊施設は満室に近い状況で、JR熱海駅前の商店街は「熱海梅園梅まつり」や「熱海サンビーチどんどん焼き」へ向かう観光客で朝からにぎわった。午後8時20分に始まった熱海海上花火大会にも3千人(主催者発表)が渚親水公園と熱海サンビーチに繰り出した。次回は15日(土)に打ち上げる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る