来宮、伊豆山、今宮神社 コロナ感染拡大で2年連続「節分豆まき」中止 

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、熱海市の来宮神社は、2月3日に予定していた「節分祭・豆まき」を昨年に続いて取り止めると発表した。例年、節分の日に合わせ、本殿前に特設舞台を設け、豪華ゲストを招いて年男や年女らとともに豆をまくが、感染防止のため各種行事を中止とし、午後4時から神職と神社役員だけで節分祭神事を行う。福引の番号を記載した福豆7千袋は、奉賛会支部を通じて事前に頒布し、抽選結果等は、神社のホームページなどで発表する。

伊豆山神社も正午から神職と神社役員で神事だけを執り行い、豆まきと福引は見送る。
今宮神社は午後5時から神職と神社役員で神事だけを斎行する。祈祷券の申し込みは1日まで受け付け、抽選は2日に行う。商品受け渡しは3日午後6時〜8時と4日午前10時〜正午まで。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る