熱海土石流 復興検討委が初会合 具体計画は8月策定へ

熱海市は2月25日、昨年7月の土石流災害で被災した伊豆山地区の復興計画を話し合う検討委員会の初会合を開いた。復興の理念や方針を決める基本計画を5月ごろ、被災地区の具体的な土地利用などを示すまちづくり計画を8月ごろを目標に策定することを確認した。
委員会は被災町内会が推薦した代表者や学識経験者など10人で構成。委員長には被災者で湯河原町の応急仮設住宅で暮らす高橋幸雄さん(66)=熱海市議=、副委員長にはジオラマを製作した高見公雄さん(法政大デザイン工学部都市環境デザイン工学科教授)を選出した。
市によると、1月末現在、市内外の応急仮設住宅で暮らしている被災者は102世帯193人。そのうち、約6割が今後の居住地として被災3地区(岸谷、仲道、浜)を希望しているという。会合は今後は月に1度開き、次回は3月25日を予定している。
(熱海ネット新聞)
■制副委員長を除く委員
當間達夫(伊豆山地区連合町内会)
中田剛充(浜町内会)
岩本直美(仲道町内会)
國原尋美(伊豆山小学校)
髙橋富江(民生委員)
岡本政夫(伊豆山温泉観光協会)
千葉正宏(消防団第4分団)
伊藤光造(学識経験者)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る