熱海土石流 復興検討委が初会合 具体計画は8月策定へ

熱海市は2月25日、昨年7月の土石流災害で被災した伊豆山地区の復興計画を話し合う検討委員会の初会合を開いた。復興の理念や方針を決める基本計画を5月ごろ、被災地区の具体的な土地利用などを示すまちづくり計画を8月ごろを目標に策定することを確認した。
委員会は被災町内会が推薦した代表者や学識経験者など10人で構成。委員長には被災者で湯河原町の応急仮設住宅で暮らす高橋幸雄さん(66)=熱海市議=、副委員長にはジオラマを製作した高見公雄さん(法政大デザイン工学部都市環境デザイン工学科教授)を選出した。
市によると、1月末現在、市内外の応急仮設住宅で暮らしている被災者は102世帯193人。そのうち、約6割が今後の居住地として被災3地区(岸谷、仲道、浜)を希望しているという。会合は今後は月に1度開き、次回は3月25日を予定している。
(熱海ネット新聞)
■制副委員長を除く委員
當間達夫(伊豆山地区連合町内会)
中田剛充(浜町内会)
岩本直美(仲道町内会)
國原尋美(伊豆山小学校)
髙橋富江(民生委員)
岡本政夫(伊豆山温泉観光協会)
千葉正宏(消防団第4分団)
伊藤光造(学識経験者)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る