伊豆山土石流 齋藤市長「行政に不備があった」遺族に初めて謝罪

熱海市伊豆山の土石流災害の発生から来月3日で1年を迎えるのを前に齋藤栄市長が6月27日夜、被災者や遺族でつくる「熱海市盛り土流出事故被害者の会」(瀬下雄史会会長)ら3人と市役所で会談し、謝罪していたことが分かった。6月28日の議会運営委員会で明らかにした。
市長は被災者や遺族に対し「行政としてやるべきととができていなかった。申し訳なかった」と不備を認めたという。すでに県は行政の不備を認めているが、市長が認め被災者に直接謝罪するのは初めて。
会談は、市長の呼びかけで非公式に行われた。瀬下会長は複数のメディアの取材に対し、「非公式の会談なので正式な謝罪とは受け取っていないが、市の過失にについては直接伝えることができた。市には血の通った対応をお願いしたい」などと話した。
任期満了(9月13日)に伴う熱海市長選は9月4日告示、11日投開票が決まっているが、5期目を目指す齋藤市長は、立候補をまだ明らかにしていない。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る