伊豆山土石流訴訟 被告の前、現所有者、熱海市、静岡県を併合して審理へ

熱海市伊豆山の土石流災害の遺族や被害者(原告団58人)が、被害を拡大させたとされる盛り土のあった土地の前・現所有者らに約58億2千万円の損害賠償を求めた訴訟の弁論準備手続きが7月6日、静岡地裁沼津支部であった。原告側や元所有者側、今の所有者側の代理人の弁護士が出席して非公開で協議した。
この裁判で、熱海市は裁判への参加を促す「訴訟告知」を現所有者側から受け、原告側での補助参加を決めている。しかし、原告団は7月3日、「土石流の被害を防ぐことができなかったのは行政にも責任がある」などと主張して、8月末までに市と県に対しても、損害賠償を求める訴訟を起こす考えを表明した。
市と県も提訴されれば、被告が前所有者、現所有者、熱海市、静岡県の4者が被告になるため、裁判所は市が原告側の「補助参加人」として参加するという申し出について、改めて対応を検討することにし、両裁判を併合しての審理する方針。
現所有者側代理人の河合弘之弁護士=写真=は、市の補助参加を「被告になれば利益相反がある。補助参加は取り下げになるだろう」との見解を示した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る