5選目指し、齋藤栄氏が第一声 熱海市長戦がスタート

熱海市長選が9月4日に告示され、現職で5期目をめざす齋藤栄氏(59)と新顔で元市議の泉明寺みずほ氏(51)の2人が無所属で立候補し、7日間の選挙戦が始まった。投開票は11日に行われる。
齋藤氏の出陣式は午前10時から市内清水町の初川にかかる阿由美橋であり、渡辺周衆院議員、若林洋平参院議員、藤曲敬宏県議、越村修市議会議長、村山憲三市議、内田進商議所会頭、中島幹夫熱海市観光協会会長、森田金清熱海温泉ホテル旅館協同組合理事長など約300人(陣営発表)が応援に駆けつけた。
齋藤氏は「今回の選挙はコロナ禍と伊豆山土石流災害の難局を乗り越えるリーダーを選ぶ選挙。私は逃げない。途中で放り出さない。どんな困難があろうとも、熱海の未来を切り開いていく」と第一声を放った。
次の4年間に取り組む政策に①伊豆山土石流災害からの復興②コロナ禍からの脱却と躍進③熱海2030ビジョンの実現ーの3本柱を掲げ「伊豆山土石流災害からの復興」については「被災者の皆さんの見守り相談支援を続けながら、伊豆山復興計画に基づく復興事業と土石流の原因を究明を着実に進めていく」と話した。
必勝を祈願して達磨(だるま)に目を入れた後、選挙カーに乗り込み、被災現場に近い伊豆山などで街頭演説を行い、『だれがこのまちの未来にふさわしいのか。民意を示してほしい」と投票を呼びかけた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る