【全米女子】彩香、最終18番で五輪切符が池ポチャ 4年後のリベンジ誓う

い◇海外メジャー第3戦、全米女子オープン選手権最終日(10日、カリフォルニア州サンマーティンのコルデバレーGC、パー72)
五輪当確圏内の20位から出た渡辺彩香(22)=大東建託=は3バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの76でホールアウトし、通算4オーバーの38位でフィニッシュ。今大会終了後に発表された世界ランキングで45位に順位を1つ上げたものの、43位の大山志保を逆転できず、8月のリオデジャネイロ五輪出場はかなわなかった。
明暗を分けたのは最終18番ホール。五輪を意識し、今まで経験したことのない激しいプレッシャーの中で、17番まで通算2オーバー、暫定28位にしのいできた。この大会で31位以内に入れば、リオ行きが決まる。パーセーブでも十分だった18番ロング。残り220ヤードの2打目は、あえて刻む戦術に。ピンまで残り65ヤードの第3打。ここまでは勝利の女神が彩香にほほ笑んでいた。が、ウエッジで計算通り慎重に放ったはずが、グリーンエッジの斜面から無情にも手前の池に転がり落ちた。5打目もピン上3メートルとよらず、痛恨のダブルボギー。同時にリオ五輪も消滅した。

この悔しさを4年後の五輪争いにいかしたい
「後半のホールでリオを意識してしまった。(第3打は)しっかり70ヤードくらい打ったつもりが…届かなかった。今まで経験したことのない緊張の中で、ミスしてしまうのが今の自分の弱いところ」。悔し涙を流しながらも冷静に振り返った22歳は「リオに行けないのは残念ですが、この大会で自信になった部分もすごく多い。これは4年後のオリンピック争いに生きると思う。この悔しさを忘れずに4年間いられたらいいと思う」。ぎゅっと唇をかみしめながらリベンジを誓った。

写真=テレビ朝日より

goruhujou

◆五輪代表は野村と大山 上位2人にリオデジャネイロ五輪の出場権が与えられるゴルフの女子世界ランキングが11日、発表され、野村敏京が22位、大山志保が43位で五輪出場権を獲得した。渡辺彩香は前回より1つ順位を上げたが45位の次点。

最終日・渡邉彩香
1番 パー4 スコア E
2番 パー4 スコア E
3番 パー5 スコア E
4番 パー3 スコア E
5番 パー4 スコア-1
6番 パー4 スコア E
7番 パー4 スコア E
8番 パー3 スコア E
9番 パー5 スコア+2
0UT 37

10番 パー4 スコア E
11番 パー4 スコア+1
12番 パー3 スコア E
13番 パー4 スコア E
14番 パー4 スコア+1
15番 パー5 スコア-1
16番 パー3 スコア-1
17番 パー4 スコア+1
18番 パー5 スコア+2
IN 39

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

ページ上部へ戻る