【社会】フラワー作品で復興支援 「萌」の下田妙子店主がチャリティー展

%e3%82%8d%e3%81%86%e3%81%9d%e3%81%8f
 東日本大震災被災地の復興支援を目的に「フラワーショップ萌」店主の下田妙子さんによる「チャリティーバザール」が、熱海市春日町の「Taekoフラワーデザインアトリエ」で開かれている。下田さんが制作したアートフラワーアレンジメントやXmas、お正月リース、ミニヒイラギポットセット、オリジナルキャンドルなどが廉価で展示販売され、ホテル旅館の女将さんや主婦らがXmasやお正月に飾ろうと買い求めている。
 下田さんは東日本大震災で被災した子供たちを支援しようと、フラワーアレンジメントの師匠で日蘭交流イベントで活躍するドリーン・ローリンさん(オランダ)とともに「あたたかい心プロジェクト」を立ち上げ、東京、神奈川のフラワーショップ店主らと協力して多くの家族が犠牲者になった女川第二小学校(宮城県女川町)を支援。2011年4月から毎年、同校とオランダの小学校の交流の橋渡しをしたり、フラワーレッスンを開いたりして「子供たちに笑顔を取り戻す」活動を続けている。今回のチャリティー展でも売り上げの一部を支援に充てる。午前10時~午後6時。11月12日まで。
◆Taekoフラワーデザインアトリエ 熱海市春日町15-5(熱海ガス レモナキッチン前)

%e5%b0%8f%e7%89%a9
%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9
%e5%ae%a2
%e3%82%8d%e3%81%86%e3%81%9d%e3%81%8f%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97
%e7%8e%84%e9%96%a2fullsizerender

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-25

    【お悔やみ】三枝俊雄さん(熱海市田原本町)1月23日死去

    三枝俊雄さん(さえぐさ・としお)1月23日死去、82歳。食事処ふくや。熱海市田原本町1の5。通夜26…
  2. 足湯

    2022-1-24

    新たに児童のコロナ感染判明 熱海市内の別の小学校1校で学年閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月24日、市内の小学校1校で新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、当該校の…
  3. 2022-1-23

    上多賀など南熱海4地区で「どんどん焼き」 たぎる炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月23日午前、南熱海の4地区(上多賀、下多賀、中野、和田木)で開催さ…
  4. 2022-1-23

    熱海市の新規コロナ感染者14人 10人超は6日連続=1月23日

    静岡県と熱海市は1月23日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。前日…
ページ上部へ戻る